お知らせ もっと見る

新着記事

NEW!
消えた安倍元首相暗殺銃弾ー暗殺の背後に米国ディープ・ステート(DS)存在するとの説も(暫定投稿:自民党役員・内閣改造追記予定)

植草一秀氏のブログから(RSSの取り込みにより表示)

  • 無責任野党が助長する与党堕落日本国憲法第41条は次のように定めている。 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。 日本国憲法第65条は行政権が内閣に属することを定めており、第73条で内閣の職務権限の第一に、 「法律を誠実に執行し、国務を総理すること」 と定めている。 安倍元首相が銃殺されたことに関して、岸田文雄首相は「国葬」を行う方針を示している。 しかし、国葬を定める法令は存在しない。 国葬令は日本国憲法 … show more
  • 本当の強さではない価値観の強要広島への原爆投下から77年がたった8月6日、広島市で平和記念式典が開催された。 広島市の小学6年生の男女2人が「平和の誓い」を読み上げた。 極めて重要な指摘があった。 「私たちには、大切な人がたくさんいます。 大切な人と一緒に過ごす。 笑い合う。 そんな当たり前の日常はとても幸せです。 昭和20年8月6日午前8時15分。 道に転がる死体。 死体で埋め尽くされた川。 「水をくれ」「水をください」とい … show more
  • 勝共連合=統一協会と戦後史の正体7月30日放送のTBS「報道特集」がアメリカ統一協会の元幹部の声を紹介した。 「報道特集」はウクライナ問題では現実にまったく肉薄できていなかった。 ロシアを悪とし、ウクライナを善とするプロパガンダ図式の流布に没頭した。 ウクライナ報道で「報道特集」離れを起こした視聴者が多数存在すると思われる。 統一協会問題では重要な証言を引き出すことに成功した。 「報道特集」が接触したのはアメリカ統一教会の元幹部 … show more

最新の重要トピックス

NEW!
消えた安倍元首相暗殺銃弾ー暗殺の背後に米国ディープ・ステート(DS)存在するとの説も(暫定投稿:自民党役員・内閣改造追記予定)
EU、対ロシア経済制裁は事実上破綻ー天然ガス輸入のルーブル決済容認、石油も船舶輸入のみ「禁輸」(新型コロナ問題追記)

高橋清隆氏のブログから(RSSの取り込みにより表示)

政策提言

総選挙で政権交代を必ず実現できる方法ー非科学的な「似非コロナ対策」を糾弾し、コロナ対策の抜本転換を(暫定投稿)
菅政権の「棄民政策」は医療体制再構築で阻止可能ー関係法令、根拠明確に記載(大補強:ラムダ株感染隠し等)
軽・中等症患者、療養施設・入院での治療拒否は厚労省医系技官の画策か(追記:独裁国家と新生日本の分水嶺)
政権交代の条件ー連合の分断工作阻止、積極財政による共生の経済政策、原発ゼロ、平和外交への抜本転換(小池知事追記)

マルクスの唯物史観の謎とマックス・ウェーバーの歴史社会学

戦前の労農派と講座派の「日本資本主義論争」で指摘されたように、いわゆるマルクス主義の唯物史観は日本資本主義の発達には厳密には当てはまらない。 また、非西欧社会では「易姓革命」つまり王朝の交代しか起こらず、タルコット・パーソンズの指摘するように「中間帝国」までしかたどり着けなかった。 唯物史観の限界をマックス・ウェーバー=大塚久雄の歴史社会学で解くことができる。


日本古代史と古代朝鮮−騎馬民族説再考


文化勲章受章者・江上波夫の提唱した日本の起源としての「騎馬民族国家説」。あまたの批判にもかかわらず、その支持者もあとを絶たない。 江上の騎馬民族国家説をマックス・ウェーバー=大塚久雄=内田芳明が論じた辺境革命論を援用して、再評価する。